Tシャツ・オリジナルTシャツ


内容
Tシャツ
Tシャツの歴史
Tシャツの歴史
Tシャツの歴史
Tシャツのプリント
お問い合わせ

☆Tシャツの歴史☆


Tシャツの誕生


スポーツウェアとしてのTシャツの起源は約80年前に遡るといわれる。だが元々は男性下着として
使用されていたもいのが次第に、アート作品や政治的メッセージの代弁者、広告塔、
お洒落など様々な顔をもつようになったとされる。

第一次、第二次世界大戦後もまたTシャツブームの大きな引き金となる。
米国海軍から始まったTシャツは1939~1945年の第二次世界大戦後すぐに米国陸軍の
公式肌着として採用された。

第一次世界大戦中に開発されたスポーツシャツ(ポロシャツのような、ボタンホールと短い袖。
伸縮性のある縫い縁)がシアーズ・ローバック社の通販カタログにて低価格で流通するようになり、1930年頃下着製造会社だったへインズ社(後に『フルーツ・オブ・ザ・ルーム』を世に送り出す)がそれを
コブ・シャツ(水兵シャツ)と名付けた。

1941年頃次の戦争に向けての準備を進めていた米国海軍はシアーズ・ローバック社デザインの元、
丸首で綿100%のTの形をした新しいタイプのシャツを用意した。

Tシャツは戦争などの極限状態ではタオル、防塵防煙マスク、帽子、必要であれば白旗と数多くの
目的を果たすことが出来る万能シャツとして着用された。
軍隊の象徴として見られるようになり、戦後は国家の要人から一般人まで社会の階層を問わず、
米国の解放をもたらす民主主義シンボルとして定着していった。
こうして現在我々のなじみ深い半袖Tシャツは1948年頃にスポーツやレジャーのために
デザインされたものがTシャツとして誕生した。

pickup

名古屋の格安レストランウエディング

2016/12/27 更新